FC2ブログ

7070-Blow ~ handmade家具

ガラスキャビネットを飾ってみる。  



garasu case



ずっと楽しみにしていたガラスキャビネット。
少しずつお気に入りの食器などを置いていく予定。



garasu case2 (2)



閉めるとこんな感じ。



garasu case (2)



リビング側から。




garasu case2



完成したガラスキャビネットに塗装を済ませてから
どんなつまみを合わせようかと迷っていたけど
濃い茶に仕上がったガラスキャビネットには
やはり控えめな古色の真鍮のつまみを合わせて良かった。

やはりシンプル、そして先で飽きないもの。

今回ブロンズのガラスで
大人なイメージに仕上がったガラスキャビネット。
どこか懐かしい復古調さがとても気に入りました。

キッチンの明かりがつくと更に雰囲気がでて
とても良い感じ。

自分で作る家具もいいけど、やはり作ってもらった
家具はまた格別だと思わず眺めてしまいます。

とてもワクワク出来るご褒美。
湧き上がるワクワクを抑えきれない私を見て、きっと
どれだけ喜んでいるかは伝わっているとは思いますが
作ってくれてありがとう。

おやっさん(^^)/




ume (2)



ガラスキャビネットにいろいろ並べていると
ソファーからじーと見られているような視線を感じる。

君だったんだね(^^)













いつもブログに来て下さってありがとうございます。
今日も一日、皆さんがハッピーであります様に。










スポンサーサイト



category: ディスプレー。

tb: --   cm: 0

サンキライ。  



073.jpg



赤い実がかわいいサンキライ。

自分たちで作っている家具のウォルナットカラーや
少しジャンクな仕上げの塗装にぱっと生える
この“ 赤 ”が気に入っています。

少し大きめのリースいいけれど
今回はすっと伸びる枝な感じを楽しみたいな。


そういえばサンキライにはこんなに痛い棘があるけれど

サンキライは別名サルトリイバラ(猿捕茨)ともいうらしいけど
その名の由来は、棘のある茎を伸ばし、そこに猿が追い込まれ捕まってしまう
という意味からだそうです。

う~ん、何だかこのかわいい赤い実からは想像つかない(^^)


001-a.jpg














いつもブログに来て下さってありがとうございます。
今日も一日、皆さんがハッピーであります様に。










category: ディスプレー。

tb: --   cm: 0

やっと完成、モチーフ編み。  

111.jpg



秋冬仕様のモチーフ編み。
クッションカバーでも出来ればと思い編みかけたものの予定変更し、
何かカバー的に使えないかと一枚物でどうにか完成。

初心者で目の大きさも微妙に違う大雑把な感じ、
でもまあそれも私らしいという事でOKにしよう。

ウォルナット仕上げの多い我が家の家具の中で
50×50サイズのモチーフ編みが少し差し色になったかなと
満足していたところ・・・


『いつもレース編みとかやのに、なんか激しくない?』
とおやっさん。

まあ、聞き流しておきましょう。

もう少し簡単な編み方から入るべきだったなと編みながら思い、
そういえば家具作りもいきなり大物から入った私。

せっかく作ったので、かごに掛けてみました。



222.jpg



秋から年の暮にかけていつも少し模様替えをしたい
という意欲がわいてきます。

来年に向けて、少しでも変化していたいと思います。
まずは身近なところから
今回はシェルフを付け替えを。



333.jpg














いつもブログに来て下さってありがとうございます。
今日も一日、皆さんがハッピーであります様に。






category: ディスプレー。

tb: --   cm: 0

ピンクペッパー  

10.jpg



お使いものでお花屋さんへ行った時に
買ってもらったピンクペッパー。

ピンクの実がかわいいです。
サンキライの赤い実などもかわいいのですきですが。



11.jpg



どう飾ってもさりげなさがかわいく映ります。



14.jpg



シンプルに素朴なミラー。
UPの予定です。












いつもブログに来て下さってありがとうございます。
今日も一日、皆さんがハッピーであります様に。

category: ディスプレー。

tb: --   cm: 0

ジャンクな扉  


DSCF4421.jpg



ディスプレー用の扉。
気がむくままジャンクな仕上げに塗り替え。


薄いグレーだった扉にホワイトを重ね
荒いめペーパーで少しずつ塗料を
剥がしてみたり、擦りキズを付けてみたり。


塗装は何度やっても奥深い。


錆びたくぎを打ちつけたいと思いながら
手持ちのアイアンネイルを打ち付けてみた。




DSCF4419.jpg


少し手を加え、また違う表情となり、
更に愛着の一品となるのでした。











いつもブログにおいで下さってありがとうございます。
今日も皆さんの一日がHAPPYであります様に。



category: ディスプレー。

tb: --   cm: 0